育児グッズ通信

上手に泣き止ませる方法を知っておけばお父さんも活躍できる

赤ちゃんを泣き止ませる方法

ベビー

耳の中に指を入れる

泣いている赤ちゃんには指を耳に入れてゆっくり優しく動かしてみましょう。すると、赤ちゃんはくすぐったさと、耳から聞こえた音を聞き取ろうとする条件反射で泣き止むことがありますよ。

ビニール袋をがさがさする

赤ちゃんは、あまり聞き慣れない音に興味を持つ傾向にあります。そのため、ビニール袋を耳元でガサガサさせると、その音に興味を持って泣き止んでくれることがありますよ。

スクワットする

赤ちゃんを抱っこして、ゆっくりスクワットすると泣き止むことがあります。これは、スクワットによるゆっくりとした揺れが赤ちゃんにとって心地良いからです。しかし、スクワットするのは疲れるので、お父さんに頑張ってもらいましょう。

ドライヤー音を聞かせる

ドライヤーの音は赤ちゃんがまだ、お母さんのお腹の中にいた時に聞いていた血液が流れる音や心臓の鼓動する音に似ていると考えられています。そのため、ドライヤーの音を聞いた赤ちゃんは、お腹の中で聞きなれた音を思い出して、安心してくれるでしょう。

やっぱりバウンサーが一番

赤ちゃんを泣き止ませるには、やっぱりバウンサーが一番です。近頃のバウンサーは、赤ちゃんにとって心地の良い振動を研究しているので、どんなにぐずっていた赤ちゃんもバウンサーを使えばすぐに泣き止んでくれますよ。それでも泣きやまない場合は、バウンサーと上記の方法を組み合わせるのも効果的です。

バウンサーの選び方

上記では、赤ちゃんを泣き止ませる方法についてご紹介しました。赤ちゃんに安心してもらうためには、バウンサーがやはり便利ですよね。次はこれからバウンサーを購入する人に向けて、バウンサーの選び方をランキング形式で掲載しています。購入予定の人は必見です!

選ぶ時にお母さんが注目するところ

no.1

洗濯しやすいか

赤ちゃんが使用するものはとにかく汚れます。唾液や、汗、おしっこやうんちでも汚れてしまうことがあります。赤ちゃんの使うものはいつも清潔にしたいですよね。そのため、お母さんにとって洗いやすさはとても重要なポイントのようです。

no.2

リクライニングできるか

バウンサーにはリクライニング機能がついているものがあります。リクライニング機能があれば、例えば、眠るときはなるべくフラットにしたり、授乳後は角度をつけて嘔吐を予防したりといった使い分けをすることができます。そのため、リクライニング機能のあるバウンサーは人気ですよ。

no.3

耐荷重性能

バウンサーはメーカーや種類によって、耐荷重が変わってきます。新生児は数ヶ月で体重が2倍にも3倍にもなるので、耐荷重が重いバウンサーは継続的に使用するという観点から注目される事が多いですよ。通販サイトを使えば、バウンサーの耐荷重性を見比べながら探すことができるでしょう。

no.4

軽いかどうか

バンサーの重さはメーカーによって異なりますが、軽ければ軽いほど持ち運びが楽なので良いですよね。特に帰省する機会の多いお母さんにとっては、折りたためることと、軽いことはバウンサーを選ぶ時のとても重要なポイントです。

no.5

デザイン

バウンサーには可愛いデザインのものが多いです。気に入ったデザインのバウンサーを使えば赤ちゃんだけでなく、お母さんも楽しむことができます。また、赤ちゃんの顔の前にぶら下がるようにおもちゃが付属しているバウンサーもあります。このタイプは赤ちゃんが遊ぶことができるので人気があるのです。

広告募集中